椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

ラルフ ちゃん  犬 ミニチュアダックス ♂去勢済  3歳

自宅で出産させた子犬の中で一匹だけ残した子がラルフです。親犬を含め犬達は、家族の中で一番息子が大好きで、いつも息子の部屋で遊んでいました。

ある日ベッドに飛び乗ったあと、ふらつき始めて様子がおかしい事に気がつきました。 つい、「遊んでいて何かしたんじゃないのか・・・!?」と息子をしかってしまいました。

しかし、ふらつきながらもまた歩くので「あ!大丈夫かな!」と思って皆で安心していたのです。ところが翌朝になると、後肢がだらんとしていて、前肢のみでしか動けなくなっていました。 「これは大変だ!」とインターネットで検索し、「セ ンター病院」にかかり、とにかく早い処置をした方が良いという知識も得て、「動物手術センター」にてす ぐに手術が行われました。

朝に来院して、日中に手術をし、夜には退院の運びとなり、こんなスピーディーは展開は他の大学病院などではできないとつくづく思いました。

術後、リハビリの為の指マッサージをがんばりました。また、排せつの感覚は残っていましたが、 ちゃんと排泄ができるかどうか心配でしたので、お腹のマッサージも行いました。

リハビリの甲斐があり、突然立つ事ができるようになり、今まで引きずっていた肢を自分で動かし始めました。それからは立たせるように補助をしながら、ケアを続けました。

「とにかく歩けるように、やれるだけの事はやろう!やる事やってもダメなら仕方がないが、痛みだけでも取ってあげよう」と手術を決断しました。

現在では、あのダランとした肢が復活して良くなり、歩くことができています。まるで奇跡が起こったようでした。







ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ