椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

リンクちゃん 犬 ミニチュアダックス ♀  4歳

以前もふらつきがあったことがあるんですが、良くなっていました。今回、元旦に突然歩けなくなりました。痛かったのか、吠える事もできませんでした。

お正月なのでやっている病院がなかなかなくて・・・。

インターネットで調べてやっと救急医療センターを見つけて連れて行きました。

脊髄検査の結果、椎間板ヘルニアが判明し手術のお話があり、まさかうちの子が・・・と いう心境でした。ヘルニアは歳をとってからの病気かと思っていたんです。
不安はありましたがまだ4歳で、このまま歩けなくなるのはかわいそうでしたから、手術をお願いしました。

術後はトイレまで行くことができないので、排泄の管理が大変でした。リハビリのマッサージも根気強く、家族で総出で頑張りました。

約1ヶ月目位に、ダランと力のなかった肢に力が入ってくるのが感じられました。 リハビリをして肢を触っているときに気が付きました。

そして約2カ月目で立ち上がるように・・・・・!! しばらくお散歩にもいっていなかったので、ストレスがあろうかと外に出してあげたら、散歩で遊びたい気持ちが足を動かす助けになってくれたようで、どんどん歩けるようになっていきました。 いまは普通に歩行しています。

今年は大変なお正月でしたが、手術を受けてまた歩けるようになって本当に良かったです。









ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ