椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

頚椎椎間板ヘルニア

サキちゃん  犬 マルチーズ ♂去勢済 9歳

普段は、殆ど鳴く事が無い子なのですが、今回は珍しく、歩いていて「キャン!」と鳴いたり、布団の上に乗った時に、鳴いたりと、その声が明らかに痛がっていると思われる鳴き方でした。

以前よりアニマルメディカルセンターにかかっていましたので、すぐに連れて行き、検査をしてもらいました。その結果、首に問題がある事がわかりました。

一旦は内科療法で良くなったことが過去にありましたが、今回は徐々に状態が悪くなり、食欲もダウンし、立ち尽くしてじっとしているような状態にまで落ち込みました。眠れず、伏せる事ができず、顔を上に向ける事もできなくなりました。ケージに入れて絶対安静にしなければならない時でも、サキはそれがとても苦手で、出して欲しくて余計安静にならなくなるので、ケージに入れることはできません。

アニマルメディカルセンターで勧められていた手術を決めました。

手術後はウソのように痛みがひき、退院後、1週間くらいは投薬に苦労しましたが、それを乗り越えると、「鳴かない、何しても怒らない」いつものサキに戻りました。手術で痛みが無くなり、劇的に良くなりほんとうに良かったです。











ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ