椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

ささちゃん  犬 シーズー ♂  10歳

一度、歩き方 がおかしくなり、かかりつけ病院で「腰のヘルニアではないか?」との事でレーザー治療を受けた事はありました。

しかし今回は、歩き方がだんだんおぼつかなくなり、肢に力が入らないようになってきました。首が痛いのか、床から1cm位顎を浮かせて、腰を高くするなどおかしなポーズを取るので、家族の一人が「首が悪いのでは?」と言われました。

アニマルメディカルセンターなら詳しい事が判るとのことで、かかりつけ病院から紹介を受け、こちらの病院を受診しました。

私達がびっくりするくらいのスピードで検査・手術への段取りが進み、無事に手術は終了し、あっというまに退院の運びとなりました。

術後は3〜4日で歩く事が出来るようになり、それに合わせて、すべらないように床の空いているスペースにいろいろなマットを敷き詰めました。肢裏の毛をす べらないようにカットもしました。幸いな事に、食欲は落ちる事がなかったので、回復がとても早かったようです。

現在では、ほとんど以前と変わらぬ生活ができています。

初めて飼う犬でしたので、購入する時に丈夫な子をと、選んだのが良かったのでしょう。骨格も大きく、今までも病気する事無く、とても丈夫でした。ですから今回もこんなに回復が早かったのかしらと思っています。












ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ