椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

シェリーちゃん 犬 ミニチュアダックス ♂去勢済  5歳

 

とにかく犬が大好きで、今までもずっと動物と一緒の生活でした。家の家具もシェリーの色に合わせて作り、フローリングも滑らないように年に2回滑り止めの塗装をしています。

受診する3日位前から、いつもに比べて活発さがなく、「なんだか大人しいなぁ」と思っていたのですが、キャンという鳴き声を発するようになり、とても気になった為、アニマルメディカルセンターを受診しました。

詳しい検査の結果、椎間板ヘルニアにかかっている事が判明しました。以前にも同様に気にかかる症状があって受診した事がありましたが、その時はヘルニアではありませんでした。今回は、歩行はできていましたが、痛みの段階で造影剤検査を受けたところ、椎間板の突出が認められたのです。

手術は、以前にも他の子が「動 物手術センター」で受けた事があるので、何も不安はなくお任せできました。

手術してからまだ2週間くらいですが、もう隔離しておかなければいけない位、元気一杯になっています。

ヘルニアを始め、ちょっと変かもしれないと思った時には散歩をやめたりと、シェリーの色々な事に気を付けて生活しています。
















ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ