椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア(再度発症)

ショコラちゃん 犬  ミニチュアダックス ♀ 6歳

1回目の手術後、ジャンプや飛び降りたりするような、椎体に負担がかかることはしないように気を付けていましたし、体重を減らす努力もしていました。

ところが、今回は何もしていないのに、抱くとキャンと鳴き、翌日には隅っこに入って丸まってしまいました。 以前と同じ症状だと思い、まだ歩けてはいましたが、その日のうちにアニマルメディカルセンターに受診しました。

ヘルニア検査の結果、前回とは別の部位に発症したことが判明。 “様子を見るよりも、手術はなるべく早い方が経過が良い”と いうことは前回の手術で充分知っていましたので、すぐにお願いしました。

リハビリ開始後、2週間したら、何とか自分で歩けるようになりました。

ショコラはリハビリを嫌っていましたが、毎日15分は歩く練習をしました。その成果があって、今はでは普通に歩く事ができるようになっています。

様子を見ているだけでは何も良くならないので、わかった時点で治療していく事が大切だと、2回の経験でよく理解しました。

















ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ