椎間板ヘルニア 犬・ミニチュアダックス

トップ治療例一覧椎間板ヘルニア治療例

椎間板ヘルニア

チェルちゃん 7歳 犬 ミニチュアダックスフント ♀避妊済

ある日の事でした。昼間は普通に生活していました。ところが夜になると、背中を丸めていて猫背になっていることに気が付きました。歩き方もちょこちょこ歩きで、2本肢で立つことができません。どうも後肢に力が入らないようでした。

「これはおかしい!」と、普段から車で前を通っていて何かあったらここに来ようと思っていたアニマルメディカルセンターの「救急医療センター」を受診しまし た。すぐに詳細な検査をしてもらい、椎間板ヘルニアと判明しました。まだ歩くことはできていたので、手術は正直とても悩みました。

しかし、「あと何年生きるかわからないけれども、このままずーっと痛みを持ったままでは生き ていても可哀そう!チェルはしゃべる事もできないので痛くても痛いって言えないだろうし・・・」と思い、「動物手術センター」で手術を受けることにしまし た。

手術は無事に終わり、退院もその日のうちにできました。

自宅でのケアとして、圧迫排尿の力加減が難しかったのですが、チェルの為にもがんばりました。リハビリマッサージでチェルの肢をさすることで、筋肉の力 の入り方の違いなどがわかり、ちょっと勉強にもなりました。

2〜3日後には自分でトイレができるようになりましたし、1週間後には普通に歩くことができるようになりました。 現在は、ジャンプやちょっとした段差にも気を付けて暮すようしています。













ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ