椎間板ヘルニア(犬・ミニチュアダックス)(

top治療例のご紹介脳・神経椎間板ヘルニア > ケース73

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア症状_歩きたがらずじっとしている、抱こうとすると、キャンと鳴いたり咬もうとする、歩く時ふらつく、後ろ足を引きずる、後ろ足が立たない、排尿障害が起こる

マロンちゃん 6歳 犬 ミニチュアダックス ♀避妊済

ある日、夕飯食べてから突然、後肢がおかしくなり、クロスするような歩き方になりました。そしてフラフラし始めました。知人にもダックスを飼っている人がいて、椎間板ヘルニアの知識はありました。朝まで様子をみようかとも思ったのですが、あきらかにすごいスピードでどんどん悪くなっていき、症状に気が付いてから3〜4時間で全く後肢が動かなくなってしまった為、インターネットで調べてアニマルメディカルセンターの「動物救急医療センター」で診てもらうことにしました。

受診した時に、先生から丁寧に病気の説明がされ、年齢もまだ若いし、内科的治療よりも手術をして根本からの治療をしてもらうことに決めました。

「動物手術センター」にて手術が行われ、無事終了しました。

術後、なんと1週間で自分で立てるようになり、そして2週間経つと、少しおぼつかない所はありましたが、歩く事が出来るようになりました。とても回復が早くてこっちもびっくりしています。当初は車いすの生活も覚悟した位だったのですから!

普段から、飛び降りないように気を付けたり、滑りにくいように生活をさせていたつもりでした。前から関節がおかしいとはかかりつけ病院から言われていましたので、それが原因かと思ったりもしました。安静を保つ為に、サークルを再購入しました。大事な家族ですからね!

今は、今後の為に、床をワックスかけようか、カーペットを敷こうか悩み中です!

椎間板ヘルニアの詳細はこちら







ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ