椎間板ヘルニア(犬・ミニチュアダックス)(

top治療例のご紹介脳・神経椎間板ヘルニア > ケース80

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア症状_歩きたがらずじっとしている、抱こうとすると、キャンと鳴いたり咬もうとする、歩く時ふらつく、後ろ足を引きずる、後ろ足が立たない、排尿障害が起こる

バズちゃん 8歳 犬 ミニチュアダックス ♂

いつもは、夕飯時になると小屋から出てくるのに、その日は出てきませんでした。家族達も「バズが全然動かない!」と言っており、みてみると、お尻をべたっとついたまま動こうとしませんでした。抱き上げると、両後肢がブラブラの状態でした。

すぐにかかりつけ病院へ連れて行き、診察を受けたのですが、そこではもう処置は不可能との事で、以前にも同じような症状の子を診た時に、アニマルメディカルセンターで手術を受けたとのお話でしたので、一旦インターネットで調べてアニマルメディカルセンターの「動物救急医療センター」に連れて行く事にしました。車での移動中、相当痛かったのか、普段は車に乗っている時も結構騒ぐのですが、この時はとても大人しくしていました。

夜中でしたが、すぐに詳細な検査を受け、既に椎間板ヘルニアの症状がかなり進んでいることが判明し、その翌朝には「動物手術センター」にて手術をしてもらう事になりました。

手術は無事に終了し、その日のうちに退院する事が出来ました。退院後しばらくは自分で移動できないので、添い寝をしたり、定期的にトイレに連れて行くなど、マメにトイレのケアを行ないました。今でもトイレは寝床の側に行きやすいように作ってあります。

2〜3週間位で自分で歩けるようになり、3ヶ月経った現在は、外へ散歩に行きたがるくらい普通に歩く事が出来るようになりました。

こんな病気があるのだという認識が高くなり、今回の事でとても勉強させてもらいました。バズの今後も、もっとしっかりと考えていくつもりです。 良い動物病院を見つける事が、飼い主にとっても動物にとっても一番だと思います

椎間板ヘルニアの詳細はこちら

















ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ