椎間板ヘルニア(犬・ミニチュアダックス)(

top治療例のご紹介脳・神経椎間板ヘルニア > ケース85

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア症状_歩きたがらずじっとしている、抱こうとすると、キャンと鳴いたり咬もうとする、歩く時ふらつく、後ろ足を引きずる、後ろ足が立たない、排尿障害が起こる

トワちゃん 7歳 犬 ミニチュアダックス ♂去勢済

いつもは階段をちゃんと登る事ができていましたが、ある日階段の下から上を見上げており、登ろうとしませんでした。その他は特に変わった所はなく、普段通りの生活でした。

しかし2〜3日後、ベッドに登れなくなった為、抱っこしてベッドに入れてあげていました。しかしその時点ではちゃんと歩くことが出来ていました。

ところが、夜中にベッドから落ちてしまい、とても辛そうな顔をしていたので、午前中にかかりつけ病院へかかりました。そこでは手術治療は不可能との事だったので、その日のうちにアニマルメディカルセンターに予約を取り、受診することにしました。

進行性の椎間板の病気とのことで「センター病院」に到着した時は、もうすでに後肢は立てなくなっていました。すぐにそのまま詳しい検査を受け、「動物手術センター」にて手術をお願いしました。去勢手術も合わせてしてもらいました。

術後、去勢した部位の傷口を舐めようとしたので、それを防ぐのには苦労しました。トイレも3日間位は補助をしてあげましたが、その後は、自力で排泄することが出来るようになりました。

根気よくマッサージなどのリハビリを続けていたところ、ある日、ヒョイッと立ったのをきっかけに、ヒョコヒョコと歩くようになりました。それからはメキメキと回復していき、普通の生活を送る事ができるようになりました。

今では、ジャンプをしたりしないように常に注意し、以前はマウンティングをよくしていたので、注意してそれもさせないようにしています。

椎間板ヘルニアの詳細はこちら

















ページトップ

動物の治療例

夜間救急対応の高度医療動物病院_アニマルメディカルセンター


アニマルメディカルセンターフェイスブックページ