異物摂取_猫 コルク
   ケイ ンちゃん
     
 ・猫 雑種
 ・
11ヶ月  ♀
小腸内異物(コルク)

外出して帰ると、大量に吐いた跡がありました。
ケインは今までにめったに吐くことなどありませんでした。

食事を与えても、いつもはすぐに食べるのに、今回は食べませんでした。
食事のメーカーを変えても同じでした。
水は飲むのですが、しばらくするとそれも吐いてしまい、そんな状態が続いたため、インターネットで色々と調べ、この治療例を見つけ、異物摂取の子と同じよ うな症状なので、「動物救急医療センター」に かかることにしました。

すぐに詳細な検査が行われ、その結果、やはり異物摂取をしている可能性が高いとの事で、「動物手術センター」にて緊急手術が行われま した。

手術で出てきたのは、なんとコルクでした。
それも随分前におもちゃにしていたものでした。

術後、嘔吐はまったくなくなりました。

一人暮らしなので、投薬には苦労がありましたが、時間の調整をしたりして、うまくケアしました。食事も当日は臭いを嗅いだだけでしたが、翌日から少しづ つ、食欲もでてきて、どんどん元気になってきました。

以前、嘔吐した時に、猫じゃらしの先端が嘔吐物の中に混じっていたことがあり、「その時はよくお腹の中に詰まったりしなかったな〜」と今、痛感していま す。

家の中を総点検です!


当ページは、動物たちの闘病生活を振り返っていただいたものです。
同じようなご病気でお悩みの方のご参考になれば幸いです。
無料相談室: 044−430−0005 (AM10:00〜PM6:00 :火・水を 除く)

戻 る